庵治石で建てる良いお墓
お墓の耐震加工 耐震一体墓工法
耐震一体墓工法 納得!これなら倒壊しない!一体墓工法のご紹介。


赤線の部分は1つの石でできています。
さらに、香炉と水鉢にホゾを設け、各部品も耐震性を高めています。
中台と真石のみ一体となったものもございます。
地震では圧倒的に真石の倒壊が多い事から、真石と中台を一体としました。
大台まで一体型の石塔よりもお手軽な価格で施工が可能です。
一体型ではない真石より、重心が下がります(下が重く、上が軽い状態。一体型でない真石は上下ほぼ同じ重さで、重心は真石の中心となります。)ので、倒れるということがほぼありません。
大台と中台の接合も、深いホゾを付け、横方向へのズレも防止。大台からズレ落ちての倒壊というパターンも防ぎ、耐震性を高めています。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ