庵治石で建てる良いお墓
お墓が表しているものは?
日本人にとってお墓というのは、単に遺体や遺骨を埋葬したり、安置したりする場所ではなく、霊を祀るということを第一にしたものでした。埋葬して石塔や木塔を建てたお墓には、霊が宿ると考えられてきたのです。つまり遺骨を埋葬してあるという事実を尊ぶのではなく、そこに霊を祀り、早く成仏して欲しいと願い、供養を重ねていくことにお墓の存在価値を見出していました。しかし、そういった先祖供養の場所として考えられていたお墓も、最近では自分の死後の住まいであると考える人が増えているようです。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ