庵治石で建てる良いお墓
霊標板について
本来、仏さまをお迎えした石であればこそ仏塔であり、それに向かって手を合わせるものです。拝み石にはきちんと戒名を刻んで、それに手を合わせて供養するようにします。霊標は墓誌とも呼ばれ、お家の過去帳として故人の経歴や事跡などを墓地に記録し、後世に残すというものです。その人は何年何月に亡くなって俗名は何であったかを霊標に記録するのもいいでしょう。霊標を建てる場合は墓地の都合にもよりますが出来れば墓石の向って左側に建てます。仏事は向って右が上座になりますのであまり右には建てません。なお、真宗では霊がないので法名板という名称になります。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ