庵治石で建てる良いお墓
お墓に刻む文字について
一般的にお墓に刻む文字には決まりごとがあります、旦那寺や石材店に相談してみましょう。

◆真言宗
「○○家之墓」または、「戒名」の前に「ア」字(大日如来を表す文字)をつけることがあります。
「墓石」は、戒名の上にも梵字の「ア」字(大日如来を表す文字)をつけます。
もしくは、「南無大師遍照金剛」と彫ることもあります。

◆浄土宗
「○○家之墓」または、戒名の上に梵字の「キリーク」(阿弥陀如来を表す文字)つけたり、戒名の代わりに「南無阿弥陀仏」と彫ることもあります。
「戒名」は特に在俗戒名に「誉」字をつけます。また浄土系の「時宗」では、男性に「阿」字(阿弥陀如来)、女性に「弌(いち)」字をつけることがあります。

◆浄土真宗
「南無阿弥陀仏」「倶所一処」と彫ることが多く、梵字も使いません。
浄土真宗には授戒がないので「戒名」と言わず「法名」と言います。法名の前に男性は「釈」字を、女性は「釈尼」字をつけます。浄土真宗では、院号・道号・位号はありません。位牌もありません。また死後の霊魂を認めませんので、追善供養や卒塔婆はなく、お盆などの習慣も他宗と異なった解釈をします。

◆禅宗(臨済宗・曹洞宗)
「○○家之墓」の上部に「円相」という円が書かれることがあります。時に「南無釈迦牟尼仏」と書くこともあります。

◆日蓮宗
「○○家の墓」の上部に「妙法」の文字を入れることがあります。または、独自のヒゲ文字で「妙法蓮華経」の文字を書くことが多く、特にこうした文字をヒゲ題目と呼んでいます。
「戒名」と言わず「法号」と言います。女性には「妙」字をつけるのが特徴です。

宗派ごとに決まりごとがあるとはいえ、基本的にお墓の表面に刻む文字に決まりまありません。最近はデザイン墓やオリジナル墓の増加とともに、自由な言葉や文字を刻む方も増えてきました。また彫刻技術も向上し、直筆や故人が好きだった花のイラストや写真を刻むこともできます。当社の霊園でも「夢」「愛」「やすらぎ」といった言葉や花のイラストが彫られたお墓が多くみられます。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ