庵治石で建てる良いお墓
寿陵墓を建てる
生きているうちにお墓を建てると早死する、または悪いことが起きるという人も多いようですがそれは迷信です。

「寿陵」の寿の文字が示すように「家に幸せをもたらし、長寿が約束される」といわれ、大変おめでたいお墓なのです。仏教の教えにおいても、「寿陵」を建てることは、「逆修(ぎゃくしゅう)」、すなわち「生前、自分のために仏事をいとなみ、冥福を祈ること」を為すことになります。「逆修」は善根を導き、それによって功徳がもたらされます。そして「功徳」はさらに、子から孫へと残すことができ、未来の繁栄と幸福につながると言われています。

今までは身内が亡くなったあと、法要などに合わせてお墓を建てる人が多かったのですが、お墓をいつ建てるべきかについては仏教の教義の上でも決まりがありません。思い立ったときこそが、お墓建立の最良の時期といえます。生前に自分の「寿陵墓」を建てることも選択の一つでしょう。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ