庵治石で建てる良いお墓
散骨について
近年「葬送の自由」を求める動きとして、散骨がよくとりあげられています。遺灰を故郷やゆかりの海や川に撒く、いわゆる「自然葬」を行う例は外国には多くみられます。こうした背景には、それまでの基礎があった「家」という制度が崩壊し、「個人」の価値観を重視するようになってきたからです。しかし、今のところわが国では、昭和23年に制定された「墓地・埋葬にかんする法律」で都道府県知事が認可した墓地以外への埋葬を禁止しています。ただ、お墓をつくれという法律はありませんので、お墓をどのように考えるかは個人の自由です。とはいえ、自分を生んでくれた両親はじめ、ご先祖様、兄弟やいつまでも末永くいたいと思う夫婦の絆までも断ち切り、この世に残さなという考えはいかがなものでしょう。時代の流れとはいえ、いままで長年培われた日本の文化そのものが崩れていくようで、寂しい感じがします。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ