庵治石で建てる良いお墓
お墓を建てる時期
「思い立ったが吉日」という言葉がありますが、お墓を建てる時期というのは特に決まりはありません。しかし後々気にかかるようでしたら、暦を見てよき日を選ぶということも大切です。良い日に建てれば良いことがあり、悪い日に建てれば悪いことが起こるということではありませんが、よきご縁がある日に結びつけるために、日を選びましょうということです。だれしも誕生日や何かの記念日があり、それと同じように、仏様に縁のある日に建墓や開眼供養(納骨式)をすることをお勧めしているのです。仏縁のある日とは、春の彼岸、お盆、秋の彼岸、命日などのことで、お彼岸やお盆などが一般的に多いでしょう。しかし新仏が出た場合には、お骨は早く土へ還すという意味でお墓に納骨し供養するのが重要です、四十九日までか、もしくはせめて一周忌までには納骨をしてお墓で供養するのがよろしいでしょう。土葬の時代、身体のすべてが土へ還っていくことで成仏うぃ遂げられたように、現代における葬法の完成はお骨の自然界への回帰、すなわちお墓への納骨を意味し御霊の浄土への往生になるはずだからです。
 
庵治石について

なぜ最高かつ銘石なのかについては理由があります。庵治石は、機能、模様、希少性が共に質が高いため銘石と呼ばれています。

詳しくはこちら
お墓の耐震加工

耐震性を上げるため特殊な弾性接着剤と金具の併用により、石塔の一部が外れること、また石材同士が割れることを防止します。

詳しくはこちら
お問い合わせ

フリーダイアルにてご質問を受付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-1115

メールはこちら
▲ページトップへ